石鹸シャンプーとアミノ酸シャンプーどちらがいい?きしまないのはどちら?

石鹸シャンプーのメリットとデメリット

シャンプーをノンケミカルにしたくて石鹸シャンプーを選ばれる方は多いのではないでしょうか?
管理人は実際に石鹸シャンプーを数年使った経験がありますが、はっきりいって髪に痛みがあるダメージヘアの人は石鹸シャンプーを使ってもメリットは何もないと思いました。

 

石鹸シャンプーは健康な髪の人にはいいと思いますが、傷んだ髪や乾燥した髪を補修する成分が配合されていないですから・・・

 

しかも、アルカリ性である石鹸はカラーやパーマ、縮毛矯正を落としやすいというデメリットもあります。

 

髪は死んだ細胞なのでお手入れをしても自己再生力がないため、傷んでしまった髪は補修をしてあげるしかないんです。新しく生えてくる髪はいいのですが、すでに髪がパーマやカラーで傷んでいる場合はトリートメントなどで「補修」してあげるしかないのです。

 

けれど、石鹸シャンプーで洗いパサパサした髪にオイルをつけても洗う時にきちんと油分を落とすことができない可能性があります。なぜなら石鹸シャンプーは皮脂をとる洗浄力は強いのですが、油分の多いトリートメントやスタイリング剤をとる力は弱いからです。

 

石鹸シャンプーはきしむので洗髪中に髪を傷める可能性あり

さらに、石鹸シャンプーの難点は洗う時にキシキシときしむことです。きしむということはそれだけ髪に負担がかかるわけです。

 

キューティクルという言葉はご存知でしょう。キューティクルは髪の内部のうるおいを保つ、髪をきれいに見せる役割があります。髪は濡れている時と温まった時にキューティクルが開き傷みやすくなります。洗っているときにきしむことは問題があると思っています。

 

キューティクルは肌でいうところのバリア機能を担っていますが、キューティクルが損傷をうければ、髪内部の成分が流出しやすくなり、切れ毛や枝毛といったさらなるダメージへと進んでしまいます。

 

ですから、個人的には、シャンプーで髪を洗っているときに「きしまないシャンプー」を選ぶことが大事だと思っています。

 

石鹸シャンプーのあとに酢やクエン酸のリンスを使う話を聞いたことがあるかと思いますが、これは酸性にすることでキューティクルが閉じて髪の表面を滑らかに整える目的でするのです。

 

管理人が使っていた石鹸シャンプーの成分を見ていただくとわかりますが、ミヨシ油脂の無添加せっけんシャンプーは本当にシンプルです。リンスに至ってはアルカリ性で洗った髪を酸性にしてキューティクルを閉じ髪の表面を滑らかにするためのクエン酸しか配合されていません。太陽油脂に石鹸シャンプーは植物オイルが配合されているので使い心地は比較的なめらかです。

ミヨシ油脂の無添加せっけんシャンプー

シャンプー成分:水、カリ石ケン素地
リンス成分:水、クエン酸、クエン酸Na

太陽油脂のパックスナチュロンシャンプー、オリーシャンプー

比較的マイルドなオリーシャンプー&リンスの成分をピックアップしました。
オリーシャンプー成分:水、カリ石ケン素地、グリセリン、ムクロジエキス、スクワラン、トコトリエール、カミツレ花エキス、マンダリンオレンジ果皮油、オニサルビア油、ニュコウジュ油、クエン酸、エタノール
オリーリンス成分:水、グリセリン、クエン酸、スクワラン、ホホバ油、カミツレ花エキス、シソ葉エキス、ボタンエキス、マンダリンオレンジ果皮油、オニサルビア油、ニュコウジュ油、キサンタンガム、クエン酸Na、ヒノキチオール、エタノール

 

 

石鹸シャンプーでべたつく、フケやかゆみが出るのは水道水のせいかも

石鹸シャンプーの使い心地は住んでいる地域の水道水によっても違います。うちの場合は水道水の硬度が高く石鹸カスがでてしまいました。特に思春期の皮脂が活発な10代の子は髪と頭皮がべたつきフケかゆみの原因になっていました。

 

石鹸シャンプーは硬水だと問題がでるようです。

 

石鹸シャンプーは傷んでいない健康な髪や、男性のように伸びれば切る短髪の人にはいいかもしれませんが、あるていど髪を伸ばしていてダメージがある髪にはきしみますし、補修成分が入っていないのでお勧めできません。

 

ダメージヘアの管理人は、美容院に行くとトリートメントをしたらどうかと言われることがたびたびありました。きっと髪がゴワゴワだったのでしょう。

 

石鹸シャンプーよりアミノ酸系シャンプーがお勧めなわけ

なぜ、石鹸シャンプーでなくアミノ酸系シャンプーがいいのかというと、皮脂を取りすぎないため頭皮や髪の乾燥が起こらず、洗っている最中にきしむことがないため洗髪中のきしみによるダメージがないことです。

 

メーカーにより特徴はそれぞれ違いますが、

  • 赤ちゃんや敏感肌でも安心して使える低刺激
  • オーガニック成分植物エキス配合
  • 馬油や植物性オイルによる補修成分配合
  • 薄毛や白髪などのエイジングケアが可能
  • リンス不要

 

など、管理人が使い比べたアミノ酸シャンプーは現在ところではこのようなタイプがあります。自分の髪の質、髪の悩みからあったものが選べますので参考になると幸いです。

 

 オーガニックで優しい【ハーブガーデン】

 

さくらの森ハーブガーデンシャンプー購入レビュー評価

セット

シャンプー&コンディショナー(各300ml)

価格

4,000円(税抜)※2カ月分

ひとこと

15日間返金保証・いつでも休止、解約可能

おすすめ度

ハーブの優しい香りで癒されるハーブガーデンシャンプー。泡立ちもよくギシギシ感はまったくありません。コンディショナーは地肌マッサージとして、また洗い流さないトリートメントとしても使えるので使いやすいのが特徴です。

▼回数縛りがない定期コースなのでお勧めしやすい商品です▼

  馬油配合の【リマーユシャンプー】

 

リマーユシャンプー馬油シャンプーの購入レビュー評価

セット

シャンプー250ml&トリートメント200g

価格

2,484円(税込)定期コース

ひとこと

いつでも休止、解約可能な定期コースがお得

おすすめ度

傷んだ髪にツヤとしっとり感を与えるおすすめの馬油入りシャンプー「リマーユ」 リバテープ製薬会社の製造シャンプーです。馬油配合といってもベタベタした感じや嫌な臭いはせず、柑橘系の良い香りです。

▼補修効果と保湿効果ありなのでダメージヘアの方におすすめ!▼

 

関連ページ

髪の乾かし方 ドライヤーより自然乾燥は髪を傷める?
髪を傷めずに乾かすにはどの方法がベストでしょう?ドライヤーの熱で髪が痛むと思い自然乾燥にしている方は要注意!頭皮に雑菌が発生し、濡れたままの状態はキューティクルが開き無防備になって傷みやすいんです。